2007-08-02 Thu

富士フイルム シソーラスに基づく関連画像検索エンジン 「TRIPIT」

[nlp][search]

富士フイルムが、独自開発のシソーラスに基づくクエリ拡張を使った
関連画像検索エンジン「TRIPIT」を公開しました。
Web APIも同時に公開されているので使ってみると面白そうですよ。

TRIPIT
http://labs.tripit.jp/

TRIPITとは、画像に付けられた「ことば」(タグやタイトル)に関連のある
画像を検索することができる「関連画像検索エンジン」です。


TRIPITによる検索は、ユーザがクエリを与えることで始まります。
クエリを与えるとTRIPITは、クエリの「上位語」「下位語」や
「同位語(同じ上位語を持つ語)」をシソーラス中から探します。
そして、それらの語をタグとして画像検索を行い結果を返します。

例えば「花」というタグのついた画像をキーにして関連画像検索を行うと、
   * 上位の意味を持つ「植物」のタグがついた画像
   * 下位の意味を持つ「チューリップ」「あじさい」のタグがついた画像
   * 並列の意味を持つ「ガーデニング」「鳥」のタグがついた画像
などを検索結果として得ることができます。


肝心なシソーラスはサーバードメイン社と富士フイルムの共同開発だとか。
実質サーバードメイン社が発注を受けて構築したか、
自社のシソーラスを提供したか、どちらかではないでしょうか。
シソーラスの自動拡張を実装しているみたいなので、おもしろいですね。

シソーラス構築時の上位・下位語の計算にはWikipediaを(も?)使ったそうです。
ちょっと頑張れば軽いシソーラスは誰でも作れるということですね。
精度を向上するためには、いろいろ課題はあるでしょうけど。

こういうものを富士フィルムが出したということは、
現代の技術では画像を使って画像を検索することが困難であることを
示唆している気がして、ちょっと寂しくなったのでした。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-07-03 Tue

体験情報を検索できるブログ検索エンジンshooti.jpがローンチ

東工大発ベンチャーとして誕生した、株式会社ブログウォッチャーが
体験情報を検索できるブログ検索エンジンshooti.jpをローンチしました。
ちなみに株式会社ブログウォッチャーは「東工大 + リクルート + 電通」
らしい。いろいろ思うことがありますね。

shooti
http://shooti.jp/

画像

shootiは、この日記を読んでいるようなネット世界のコアユーザーではな
く、我が家の母親のようなWindowsのアラートが出ると焦るようなユーザ
層をターゲットにしているようだ。
なので、全体にゆるいつくりで、技術者が見ると物足りなさがあるかも。

出力される検索結果は、最新情報というよりは体験度が濃い順にソートさ
れている。このあたりはユーザがワンクリックでソート方法を
選択できると良いですね。思った。

ちなみに体験度順による検索結果は以下などを観点を参考にランキングされている。

- ブログ記事の著者の体験を検出できた
- 感想も書いてあった
- 1週間以内の記事

つまり、色々やって感想を述べている今日の記事が先頭に来るはずです。

このようなソート方法でソートされていると、
検索結果の上位にくる記事は体験について述べているはずです。
この性質を利用すると、クエリに「楽しかった」と入力することで、
みんなの楽しかった出来事を見つけることができるでしょう。

shootiはAPIの開発もリリース前から行っているので、
このAPIが一般に広く開放されると夢が広がりますね。
DBのデータを返すだけじゃなくて、簡単なテキストマイニング処理を
かますAPIになると嬉しいです。

shootiの中のみなさまお疲れ様でした。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-06-24 Sun

Google Safe Browsing API

GoogleがSafe Browsing APIを公開した。

ITmedia Biz.ID:Google、URLブラックリストを利用できるAPI提供

米Googleは6月18日、同社のURLブラックリストを利用できる「Safe
Browsing API」の提供を開始した。  このAPIは、Googleが収集した不審
なURLと不正なURLのブラックリストをダウンロードするシンプルなメカニ
ズムを提供する。開発者は自分の製品でGoogleのブラックリストを利用で
きるようになる。  このAPIを製品に組み込むと、例えば、ユーザーが不
審なリンクをクリックする前に警告を出したり、ユーザーがフィッシング
ページにつながるリンクを投稿するのを防いだりするのに利用できるとい
う。


Safe Browsing API - Safe Browsing API
The Safe Browsing API is an experimental API that enables client
applications to check URLs against Google's constantly updated
blacklists of suspected phishing and malware pages.


いろいろやることが溜まっているけど、どんなURLが含まれているかを見
てみたい。日本語サイトのURLが沢山含まれていると嬉しいなー。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-06-23 Sat

プリファードインフラストラクチャーの西川さんのインタビュー

プリファードインフラストラクチャーの西川さんのインタビューが面白かっ
たので、ご紹介。

世界が認める頭脳が集結したガレージ--検索エンジンのPFI - CNET Venture View

理想からスタートした起業はまず成功しない――。そんな起業家の“常識”
を、西川氏やメンバーたちが知らぬはずはない。しかし、この頭脳集団の
持つ高い技術力と、それに裏打ちされた自信は、“常識”を脳裏から消し
去るのに十分だった。企業からも引く手数多だったがその誘いを蹴り、リ
サーチャー・エンジニアの岡野原大輔氏を始めとする各々が西川氏の提案
に即応。西川氏の大学院修了を機に、このアパートを借りた。


技術的なすごさは重々承知しておりますが、
一番最後の写真に写っているみなさんの笑顔が本物だったので、
改めてすごい会社だな、と思いました。楽しそう。いいなー。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-06-21 Thu

テクノラティジャパンがシンプルブログサーチを公開

テクノラティジャパンがシンプルブログサーチを公開しました。
シンプルなインターフェイスですね。

シンプルブログサーチ
http://s.technorati.jp/

画像画像

白、緑、黒。技術者好みの配色なので実験的な扱いなんでしょう。
今後、どんどん手が入る予感がしますね。

テクノラティ、シンプルなブログ検索サービスをリリース - CNET Japan

テクノラティジャパンは6月21日、新たなブログ検索サービス「シンプル
ブログサーチ」ベータ版を公開した。
オーソリティ(影響力)の強さで絞り込むこともできる。
検索結果も「新しい順」と「オーソリティ」でソートできる。
テクノラティによれば、この検索サービスでは、通常の
キーワード検索を最適・最速化しているという。


実際に使ってみた感想としては、オーソリティ度の算出に問題があるせい
なのか、オーソリティ度によるフィルタリングをすると良質のサイトが消
えるうえに、人手で公平な見たときに情報量の少ないブログが残っている
ようです。やはりリンクを一番重視しているのかな。

多少時間はかかってかまわないので、オーソリティ度はもう少し使える値
を算出していただけると嬉しいなと思いました。
でも、この要求は無茶かも知れませんね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-06-13 Wed

「uroboe うろぼえ」を公開しました

uroboeという検索サイトを作りました。
まだ作りこみが終わっていませんが着手して3日経ったので公開します。

uroboe
http://uroboe.seewee.net/
画像

いろいろ遊んでいただいて感想を頂けると幸いです。

この検索サイトの用途ですが、基本は入力した語に対して英数字の文字
列を返します。なんとなく聞いたことがあるけどカタカナしか思い浮かば
ない語を入力すると、ほんのりと正しいスペルが分かるかもしれません。

画像

とはいえ、かなりユルい作りになっているので、
ひらがな、漢字、数字、英字など何でもクエリに入力できるので、
意外な使い方があるかも知れないなと思います。

将来的には、かなりまじめな方向に傾けようと思いますので、
末永くご利用いただければと思います。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-06-08 Fri

Microsoftが新たなホリゾンタルサーチ開発に着手

Microsoftが次世代検索エンジンの開発に着手したようですね。
開発リーダーの女性はLive.comの開発メンバーの一人だとか。

Microsoft、シリコンバレーのチームがステルスモードで次世代検索エンジン開発へ

Microsoftは20人以上のスーパースター・プログラマーのチームを結成、
次世代検索エンジンの開発に当たらせることにしたという。このチームは
最近MountainViewのMicrosoftシリコンバレー本部に集められたとされる。
バーチカルタイプではなく、「ホリゾンタル」である(つまり画像検
索など特定分野に限られた検索ではない)ことだけは間違いない。
MicrosoftはプロジェクトのリーダーとしてSanaz Ahariをシリコンババレー
に転属させた。AhariはこれまでLive.comチームにおり、Microsoftの歴史
上最年少(23歳)でリード・プログラム・マネージャーに抜擢された人物。


MicrosoftはOS標準の検索エンジンとして新たな検索エンジンを導入でき
るので、本当に便利な検索エンジンなら現在よりシェアが伸びそうですね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-06-06 Wed

Yahoo!画像検索のモバイル版が公開

Yahoo!画像検索のモバイル版が出たそうだ。

ヤフー、モバイル版「Yahoo!画像検索」提供開始:ニュース - CNET Japan

Yahoo!画像検索には、米Yahooが開発した検索エンジン「Yahoo! Search
Technology(YST)」による画像検索の検索結果を表示。1画面にサムネイ
ル(縮小画像)を3件まで表示し、サムネイルをクリックすると、携帯電
話の機種に適したサイズで画像を拡大表示する。


このニュースで一番注目するべき点は、
「1画面にサムネイル(縮小画像)を3件まで」の部分だ。

そうか、モバイルは画面が狭いもんね。

totowaモバイルは重要文+画像1枚になると思いますが、
そのためには定義文のソートや精度の向上が必要そうですね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-23 Wed

hon.jp Webサービス

[api][search]

hon.jpは電子書籍のメタデータを取得できるAPIを公開しています。
自分で使えるかもしれないのでクリップしておきます。

hon.jp Webサービスについて

 hon.jpでは、ユーザーがhon.jpのデータにアクセスするためのWebサー
ビスAPIを、REST方式で開発者向けにベータ提供しており、まもなく一般
ユーザーにも公開する予定です。
具体的には、本サービスを使うことで、URLに指定のパラメータを追加し
てhon.jpサーバーを呼び出すことで、XMLの形でhon.jpの電子書籍メタデー
タDBの内容を取得することができます。


現在はベータ公開ということで、デベロッパーズIDをゲスト用のもので統
一しているようです。将来的には自分専用のIDを取得できるのでしょうか。
 なお、「hon.jp Webサービス(β)」を事前にお試しされたいWebサイト
オーナー、プログラム開発者の方は、お試し用ID「aRUIO00003」(お試し
用のため、不定期に変更されることがあります)をお使いください。


正式運用の開始が楽しみですね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-22 Tue

電脳卸デベロッパーズサービス

[api][search]

電脳卸というアフィリエイトASPがありますけれど、
実はここもIDを持っているのに使っていません。
# 何をやっているんだか。

電脳卸は電脳卸ウェブサービスという商品検索APIを提供していて、
気軽にWebアプリケーションに利用できます。

電脳卸ウェブサービス(DWS)
http://blog.d-064.com/dws/

電脳卸で売っている商品は、良くも悪くも濃い商品が多いので、
大手のサイトでは買えないような商品を揃えたい人は、
電脳卸にのAPIを使ってみるとよいかもしれません。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-21 Mon

Yahoo!デベロッパーネットワーク

[api][search]

普段から検索APIとブログ検索のRSSを使わせていただいているYahooのAPI
群ですけれど、検索API以外にも面白いAPIがあるんですよね。

Yahoo!デベロッパーネットワーク

Yahoo!デベロッパーネットワークへようこそ!。Yahoo!デベロッパーネッ
トワークは、開発者がXMLやRSSなどの技術を利用して、自分のサイトやア
プリケーション(skills)をYahoo!Webサービス(ingredients)と融合す
るお手伝いをします。
# Yahoo!カテゴリ
# Yahoo!オークション
# Yahoo!ミュージック
# Yahoo!地図情報


カテゴリ検索APIは、普通の使い方で使っても面白くないですけれど、
実際に帰ってくるデータを見ると応用するアイディアが出てこないですね。
オークション検索はショップ検索系のアプリに必須ですね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-20 Sun

reflexa Web APIについて

[api][search]

reflexaが公開当初に公開していなかった関連キーワードAPIを公開してく
れました。すばらしいですね。

reflexa Web APIの概要

連想検索エンジンreflexa(リフレクサ)の機能をWebサービス上から利用
するためのWeb APIを提供しています。APIは、「REST形式」のリクエスト
を処理し、結果をJSONまたはXML形式で返すことができます。APIを利用す
ることにより、入力したクエリーに関連するキーワードを抽出することが
できるようになります。


ふむふむ。今度使って出力結果を他のAPIと比較してみよう。
# 誰かが比較してくれたら、それはそれで。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-19 Sat

ビッダーズWebサービス

[api][search]

ビッダーズという名前のアフィリエイトサービスがあります。
ビッダーズがAPIの提供を始める前からビッダーズのアフィリエイト用の
アカウントを持っていましたが、一切使っていないので使おうかなと。

ビッダーズWebサービスとは[アフィリエイトでビッダーズを紹介

ビッダーズ Webサービス(以下、BWS)は、ビッダーズの商品データや検
索などの機能をビッダーズ以外のサイトで活用するための仕組みです。
BWSはウェブ上に公開されたXMLベースのアプリケーションとして、開発者
に対しRESTサービスとXSLTサービス、RSSを提供します。開発者は、これ
らを利用してビッダーズの商品データベースから指定した条件で商品情報
を検索し、その検索結果をXMLドキュメントとして受け取ることができます。


他のショッピングモール系のAPIと同時に検索すると良いのかな。
とりあえずビッダーズだけ検索するプログラムをつくってみるか。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-17 Thu

株式会社ブログウォッチャー

他人事ではありませんが、株式会社ブログウォッチャーが設立されました。

「CGMのマネタイズ」に挑む--奥村研と手を組んだリクルートの社内ベンチャー

4月2日、クロスメディア事業に力を入れるリクルートが、東京工業大学
の奥村学研究室と共同で、ユーザー発信型コンテンツを利用したメディア
やマーケティングを手がける新会社、ブログウォッチャーを設立した。資
本金は5000万円。株主構成はリクルートが99%、奥村学氏が1%となって
いる。代表取締役には、リクルートの羽野仁彦氏が就任した。


すごく楽しみなサービスですし、きっと良いサービスになると思います。
内部では、僕の目から見てまともな技術者が全力で取り組んでいます。
ほんとうにオススメ。サービス公開は6月15日だそうですよ。
かわいくて毎日使えるようになるといいな。
僕の作ったコードが、今よりも沢山使われるようになるといいな。

---

などと、思いながらいろいろ情報を集めていくうちに、
ものすごくジリジリとした感じがしてイライラしてきた。
どうしたものか。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-12 Sat

人物検索サービスの役員がパネルディスカッション

[search]

人物検索サービス「Wink」「Spock」「Zoominfo」の役員が、
Google本社で開催されたパネルディスカッションに参加したそうです。

TechCrunch Japanese アーカイブ » しのぎを削る人物検索サービス

今日、Wall Street Journalは「You’re Nobody Unless Your
Name Googles Well 」というタイトルの記事を掲載。
同姓同名の名前を持つ多数の人たちの中から検索対象である
特定の人物についての情報をどのように見つけるかというもの。
しかし、記事には面白いデータが取り上げられている。
例えば、Googleで「John Smith」を検索すると、
1.58億の検索結果が表示される(私が試した際の検索結果数は
2.25億 だったが、検索結果数を数えている人などいないだろう)


WinkはSNSからの人物情報による結果を表示し始めた。
Spockはユーザの行動を頼りにするサービス。
Zoominfoは企業ウェブサイトのプレスリリースや
企業沿革などからデータを抽出している。

人物名検索へのどれもアプローチが全くことなるけれど、
個人的に一番市民の生活に近いのは、あたりまえだけどWinkだと思う。
Webで意見を言う人や、企業の沿革に載るような人は、
僕の中学校の同級生にも高校の同級生にも、ほとんどいない。

これから先に必要な人物検索は、名前が伏せられているけど、
個人的なプロパティはインデキシングできる状況を作って、
それをユーザが細かいことを考えなくても検索できるようなもの。
プロパティは日記やつながっている友人から取れるもの。
本人が情報を発信していなくても、候補を絞れば周囲の情報から
もっともらしい人を選べるようになるのでないかなと感じている。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-11 Fri

gooのブログ検索が口コミ検索を強化

gooのブログ検索が口コミ検索を強化したそうです。
インターフェイスも一新しているような気がします。

「goo」が口コミ検索を強化、評判情報を自動抽出して分析可能

NTTレゾナントは10日、ポータルサイト「goo」のブログ検索サービスに
おいて、口コミ情報の検索機能を強化した。ブログの検索結果のランク付
けに新手法を導入したほか、口コミを自動抽出して比較できる評判分析機
能を追加した。


記事のランク付けは、いつもどうりEigen Rumorだそうです。

その他、近年のブログ記事に関する言及がありました。

NTTレゾナントの杉崎正之氏(メディア事業部検索担当課長)によると、
口コミ情報を参考に商品やサービスを購入したことのある人が7割以上に
達するとの調査結果もあることから、ブログ記事の検索ニーズは高いと説
明する。
 しかし、ブログが個人の日記ではなくなってきていたり、アフィリエイ
ト目的のブログも増えるなど、口コミや評判のみを探すことが難しくなっ
てきているという。また、ブログ記事を探す以外に、あるトピックの専門
家のブロガーを探したいなど、検索ニーズの多様化も指摘。ブログから必
要な評判情報を抽出するためのアルゴリズムや機能が必要になっていると
して、gooの口コミ検索機能を強化することにした。


実際に、gooブログ検索を使ってみて思ったことは、
gooブログ検索は意外と快適で、記事もgooブログ検索にしかない
ものがあるような気がするということです。
記事の量も各クエリについて、Yahooよりちょっと少ないだけ。

ただ、gooブログ検索の評判検索はデータの取得が、
いちいちリアルタイムなのですこしイライラしました。
ちょっと評判グラフを見るのに10秒も待てないっす。
一番最初はキャッシュしたもので、
更新を押すと最近のキャッシュやDBからデータをもってくる
ようにすれば良いのになーと思ったのでした。
今後はgooブログ検索もつかうことにします。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-10 Thu

連想検索エンジンreflexa(リフレクサ)

岡野原さんのいる会社がReflexaという名前の検索エンジンを
公開しています。

reflexa: アサマシ

関連度計算については以下のような言及がありました。

連想検索エンジン reflexa について

reflexaは、Preferred Infrastructureが提供する連想検索サービスです。
そのコアとなっている連想検索エンジンは、多くの文章を処理させること
によりエンジンがキーワード間の関連を学習します。Web上で提供してい
るサービスでは、Wikipediaエンサイクロペディアの情報を元にキーワー
ド間の関連を学習しています。


Wikipediaで深く言及されていたり、リンクに気が使われている語は
関連度が良い感じ出してくれるようですね。
関連語APIが今後公開されるそうなので、そちらも楽しみです。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-05-05 Sat

Yahoo!がHTMLファイル中のコンテンツ外部分を明示できる robots-nocontent属性をサポート

Yahoo!HTMLファイル中のコンテンツ外部分を明示できる
robots-nocontent属性をサポートし始めて、
ネットの中でみんなが反応し始めているみたい。

Yahoo! Search Blog: Introducing Robots-Nocontent for Page Sections

tag to parts of a page that do not relate to the main content,
such as navigation, menus repeated across the entire site,
boilerplate text, or even advertising. We heard what people were
asking for so we did a little homework and are now happy to
introduce the 'robots-nocontent' tag.


「ナビゲーションとかメニューとか広告とか、メインコンテンツと関係な
い部分にタグ付けするためのタグをサポートするよ。」みたいな書き出し。
重要な部分以外をタグ付けするものなので間違っちゃ駄目ですよwww

やり方は超簡単。pタグでも、spanタグでも、divタグでも、不要な部分で
あることをクローラーに教えたいような部分を囲んでいるタグに、
「class="robots-nocontent"」を書くだけ。

Yahoo! Help
<div class="robots-nocontent">This is the navigational menu of
the site and is common on all pages. It contains many terms and
keywords not related to this site</div>


これは簡単。不要なコンテンツの一番外側を囲んでいるタグに付与してあ
げれば、その内側のテキストは本文の候補にならないということですね。
ま、たしかに、本文を正確に抽出する方法としてはこれがベストかも。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-04-26 Thu

モバイルサーチが使えない理由

モバイルサーチの利便性に対して言及している記事がありました。
僕は、そろそろ9年くらいPHSユーザーで、
全然携帯電話のことを知らないのですが、モバイルサーチには
興味があるので、今後はモバイルサーチ系の記事もクリップします。

ITmedia アンカーデスク:ケータイ検索が“使えない”理由

「なぜこんなサイトが上位なんだ」――携帯検索の結果は、掲示板の他愛な
い書き込みなど“使えない”情報が上位に出ることがままある。
 携帯サイトは、PCと同じHTMLの規格を利用しながらも、携帯電話のユー
ザーインタフェースに最適化された構造になっており、検索エンジンが構
造を把握するのが難しい仕組みになっています。
 携帯ページは、思った以上に動的に作成されています。アクセスする機
種ごとに対応するサービス・対応できないサービスはまちまちですし、そ
もそも通信キャリアが大きく三分されており、統一的なサイトを提供する
のには限界があります。
 このため、検索エンジンのロボットが他のルートを経由して公式サイト
情報を収集しようとしても、公式サイトがアクセスをしゃ断するケースが
多々あり、情報を正しく収集することがてきないという現実がありました。
一方、公式サイト外の一般サイトや掲示板なら、そういったルートしゃ断
もなく、検索エンジンが確実にクロールできます。
 携帯サイトが検索にヒットしない理由には、前段で解説したように、携
帯サイトの有用な情報のほとんどが、会員登録や有料課金処理をしなけれ
ば得ることができない公式サイト内にあり、検索エンジンが拾える携帯の
一般サイト上にあるのはユーザーのコメントや足あと(アクセス履歴)的
なものが大半で有用な情報が少ない――といった理由が考えられます。


ふと思ったのは、携帯電話向けに配信されたコンテンツを集めるときには、
クロール可能な携帯コンテンツ自体が、それほど絶対量が多くないので、
クロール対象のドメインや量を見極める必要があるということでした。
健全な流れとしては、PCサイトがフルブラウザでアクセスしてきた
携帯ユーザ向けに見せ方の最適化をすることかなと思いました。

今後は、今よりもリッチなモバイル端末を持つ人が増えると思いますが、
やはりモバイル端末で、PCサイトを扱うのは多くの場合不便です。
モバイル側からPCサイトの情報が欲しくて欲しくて堪らない状況を
リストアップして、何年か後を見据えてサービスづくりをすることが
必要なのかなと思ったりしました。

まとまらないので終了。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-04-25 Wed

オートバイテル・ジャパンがask.jpとblogWatcher3.0bをマッシュアップ

オートバイテルさんが、ask.jpとblogWatcher3.0bをマッシュアップした
車用の「クチコミ分析」をリリースしました。

オートバイテル・ジャパン、ユーザー視点でのサービス強化 産学連携でクルマ専門のブログ検索システムを開発、業界初のクチコミ分析サービス開始

インターネット自動車販売仲介サービス会社のオートバイテル・ジャパ
ン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:加登吉邦)は、東京工
業大学精密工学研究所(奥村学准教授)、株式会社アスク ドット ジェー
ピー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大江知行)、トライアックス
株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植山浩介)と産学連携に
てクルマ専門のブログ検索システムを独自開発し、当社Webサイトにてク
ルマ情報のブログ分析サービス(名称:クチコミ分析)を開始します。


ブログ記事のデータはask.jpさんが提供しました。
評判情報とバーストのモジュールを東京工業大学の奥村研究室の
blogWatcherチームが提供しました。
それらの要素技術をトライアックスさんがまとめました。
結構前から動いているプロジェクトだったので、
頓挫せずにリリースされて良かったな、すごいなと思いました。

おそらく、今後もう少しアップデートするのではないか、
と思うのですが、どうなるのでしょう。

blogWatcherのモジュールがバーティカルサーチに応用された好例と
言えると思う今回の例は、見た感じ結構良い結果ですよね。
いちいち口コミを探さなくて良いので、かなり便利。

対象とするブログ記事は車に対する言及のあるものだけなので、
今回のアウトプット以上の細かい解析や分類は
難しいかもしれないですが、どうなるのか見てみたいです。
あ、評判解析の結果のバリエーションについては
個人的にはもう少しバラエティ豊かだと嬉しいなと思いました。

みなさま、おつかれさまでした。

▼関連リンク
オートバイテル、クルマ専門の「クチコミ分析」を産学連携で提供 - CNET Japan
インターネット自動車販売仲介サービスのオートバイテル・ジャパンは4
月24日、産学連携で開発したクルマ専門のブログ検索システム「クチコミ
分析」サービスをウェブサイトで開始した。
 クチコミ分析サービスは、過去6カ月のブログ記事(約1億件)の中から
クルマに関する記事だけを収集し、その中から独自技術で精度の高い情報
(約8万件)を抽出・分析したクルマ専門のクチコミ情報データベース。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |