2007-06-24 Sun

ぐるなびにはフリーワード検索APIを提供する意思があるようだ

ぐるなびの開発者インタビューが公開されていて、
その中でリーワード検索について言及がありました。

ぐるなびがAPIを公開、その背景にあるのは?

ぐるなびは5月10日、同社が運営する情報サイト「ぐるなび」で提供して
いる約4万件の飲食店情報を利用するためのAPIの公開を開始した。同社の
持つデータを広く公開し、マッシュアップなど、外部のWebサイトに活用
してもらうことでユーザー層の拡大を狙う。  APIを公開するまでの経緯
や、開発時の苦労など、ぐるなび 企画department 第1グループ グループ
長 福岡祥行氏に聞いた。

現在は、1つのフィールドに対して1つのパラメータで検索するといった形
の機能を提供しているが、今後は1つのパラメータで複数のフィールドに
対する検索をできるようなフリーワードでの検索の提供も検討したいとい
う。


早期、というか、一番最初に提供してもらえると嬉しいです(笑
フリーワード検索とエリア指定が同時にできれば最高です。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-06-23 Sat

ニコニコ動画がユーザー本位を目指す理由

ニコニコ動画の開発者インタビューが非常に面白かったのでご紹介。
僕は以下のひろゆきさんの一言が一番心に響いた。

ニコニコ動画開発者インタビュー 「ユーザー本位を目指す理由」(ひろゆき, ニワンゴ)

「面白いモノ」っていうのは、ユーザで、作りたい人たちが作っているも
ののほうが面白いものが結構あったりするので、そっち側に行った方がい
いんじゃないの?という考えが、あり。


あ、そうだ。ここ最近ずっと感じていた答えのひとつはそれなんだ。

僕はユーザが求めるものや、ユーザの考えてくれるアプリの使い方は、
僕の考えていることを飛び越えたところにあると感じています。

気が付いたのはuroboeをリリースしたときです。
リリースして2日後に「あ、ユーザが求めるものを今までは考えられてい
なかった」と気が付き、4日後に「あ、ユーザは僕より面白い」と気がつ
きました。

開発時に「ユーザの生活が便利になるか」をチェックし使い方や出力結果に
「一見合理的には見えない伸びしろ」を意図的に残す。
# ユーザの要求が高いドメインのアプリを作る。
# たとえ結果の精度が下がるとしても、おもしろさを大切に。
# 精度は後で上がる。というか気になって自分が手を沢山いれるだろう。

役立つ、面白い、変わる、に加えて、「ユーザが使ってくれる。データを
作ってくれる」状態を実現できるアプリケーションが今後のテーマ。
もちろん僕自身が楽しいものを作るのは言うまでもないですけど。
自分が使わないものを作ると手があんまり入らないし。 ま、難しいですね。難しい。でも楽しい。
ちなみに最近面白いのは地方自治体の発行する新聞。あれはおもしろい。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

2007-06-23 Sat

プリファードインフラストラクチャーの西川さんのインタビュー

プリファードインフラストラクチャーの西川さんのインタビューが面白かっ
たので、ご紹介。

世界が認める頭脳が集結したガレージ--検索エンジンのPFI - CNET Venture View

理想からスタートした起業はまず成功しない――。そんな起業家の“常識”
を、西川氏やメンバーたちが知らぬはずはない。しかし、この頭脳集団の
持つ高い技術力と、それに裏打ちされた自信は、“常識”を脳裏から消し
去るのに十分だった。企業からも引く手数多だったがその誘いを蹴り、リ
サーチャー・エンジニアの岡野原大輔氏を始めとする各々が西川氏の提案
に即応。西川氏の大学院修了を機に、このアパートを借りた。


技術的なすごさは重々承知しておりますが、
一番最後の写真に写っているみなさんの笑顔が本物だったので、
改めてすごい会社だな、と思いました。楽しそう。いいなー。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |