富士フイルム シソーラスに基づく関連画像検索エンジン 「TRIPIT」

[nlp][search]

富士フイルムが、独自開発のシソーラスに基づくクエリ拡張を使った
関連画像検索エンジン「TRIPIT」を公開しました。
Web APIも同時に公開されているので使ってみると面白そうですよ。

TRIPIT
http://labs.tripit.jp/

TRIPITとは、画像に付けられた「ことば」(タグやタイトル)に関連のある
画像を検索することができる「関連画像検索エンジン」です。


TRIPITによる検索は、ユーザがクエリを与えることで始まります。
クエリを与えるとTRIPITは、クエリの「上位語」「下位語」や
「同位語(同じ上位語を持つ語)」をシソーラス中から探します。
そして、それらの語をタグとして画像検索を行い結果を返します。

例えば「花」というタグのついた画像をキーにして関連画像検索を行うと、
   * 上位の意味を持つ「植物」のタグがついた画像
   * 下位の意味を持つ「チューリップ」「あじさい」のタグがついた画像
   * 並列の意味を持つ「ガーデニング」「鳥」のタグがついた画像
などを検索結果として得ることができます。


肝心なシソーラスはサーバードメイン社と富士フイルムの共同開発だとか。
実質サーバードメイン社が発注を受けて構築したか、
自社のシソーラスを提供したか、どちらかではないでしょうか。
シソーラスの自動拡張を実装しているみたいなので、おもしろいですね。

シソーラス構築時の上位・下位語の計算にはWikipediaを(も?)使ったそうです。
ちょっと頑張れば軽いシソーラスは誰でも作れるということですね。
精度を向上するためには、いろいろ課題はあるでしょうけど。

こういうものを富士フィルムが出したということは、
現代の技術では画像を使って画像を検索することが困難であることを
示唆している気がして、ちょっと寂しくなったのでした。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック() |