前の日 / 次の日 / 2007-06
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2007-06-18 Mon

WebService::Rakutenを使ってみた

totowaで使っている楽天の検索結果を
取得するモジュールに、今まではWebService::RakuAPIを使っていました。

最近totowaが重たいと思うときに、RakuAPIが重たいことが分かったので、
楽天の公式Webサービスを利用するモジュールに入れ替えてみました。

WebService::Rakuten - A Perl interface to the Rakuten WebService API - search.cpan.org

楽天->RakuAPI->totowaだった検索の流れが、楽天->totowaになった分、
当然ですがtotowaのレスポンスが早くなりました。

$_->imageFlagが取得てきなかったので気がついたのですが、
WebService::Rakutenは楽天のAPIが返してくれるすべてのパラメタを
ハッシュに格納してくれるわけではないみたい。
最近になって仕様変更で追加されたパラメタを取得するためには
patchを当てなきゃいけないな。

とはいえ、大体の用途に使えてWebService::Rakutenは便利でした。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |

Opera9.2の検索フォームに任意の検索エンジンを追加する

Opera9.2の検索フォームに任意の検索エンジンを追加する方法を
調べたのでメモすることにします。
せっかくなのでsearch.iniをエディタで編集することにします。

Opera 9.2の検索フォームに任意の検索エンジンを追加


Windowas XPにインストールしたOpera 9.2を例に手順をメモします。
search.iniを見つける

Opera 9.2をインストール済みの状態で、「C:\Documents and
Settings\[ユーザー名]\Application Data\Opera\Opera\profile」以下か
「C:\Program Files\Opera」以下のsearch.iniを見つけます。
見つかったら文字コードをUTF-8に設定できるエディタで開きましょう。
search.iniに追記する

search.iniをエディタで開いたら最後に、以下のような記述を追加します。

[Search Engine 32]
Name=totowa
URL=http://totowa.seewee.net/index.cgi?f=result&q=%s
Query=
Key=t
Is post=0
Has endseparator=0
Encoding=utf-8
Search Type=0
Verbtext=17063
Position=-1
Nameid=0


各パラメタの説明はOpera IRC+ - Search.ini Customizationsが分かりやすかったです。

「Search Engine 32」の32は、search.ini内の数字が連続するように調整
してください。「Key=t」のtは他の設定のKeyと重ならないようにしてく
ださい。
Operaを再起動する。

search.iniを文字コードがUTF-8になるように保存したら、
Operaを再起動するとtotowaが検索エンジンリストに追加されているはず。




結構簡単なのですが、検索パラメタを探すことはハードルが高目なので、
search.iniを直接編集する人は少ないだろうと思いました。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | パーマリンク | コメント | トラックバック() |