Google Scholarで身近な話題に関する学術論文を検索

最近、Googleの検索結果にCiNiiの論文データがヒットすることが多いです。

国立情報学研究所、Google Scholarから学術論文300万件を検索可能に SEM R

国立情報学研究(NII)は2007年4月9日、大学などに提供してきた学術論
文300万件のデータをGoogleから検索できるようにしたと発表した。
NIIは国内主要学術論文約300万件の論文データをCiNiiに格納してきた。
これをGoogleのクロール対象とすることで、Googleウェブ検索のほか、学
術論文専門検索エンジン「Google Scholar」からも検索できるようになっ
た。


Google Scholarって面白いですよね。

Google Scholar
http://scholar.google.com/schhp?hl=ja


たとえば、「Support Vector Machineを用いたChunk同定」を
Google Scholarで検索してみると、論文や論文を参照している論文が見つかります。

Support Vector Machineを用いたChunk同定 - Google Scholar

また、適当なクエリを突っ込んでも論文が見つかります。

ブログ - Google Scholar
2ちゃんねる - Google Scholar
ソーシャルブックマーク - Google Scholar
pagerank - Google Scholar
スパム - Google Scholar

Google Scholarで、研究者以外の人も暇つぶしできるかもしれません。
普段検索しないようなキーワードでも何かしら論文が見つかります。

育児 - Google Scholar
転職 - Google Scholar
離婚 - Google Scholar
退職者 - Google Scholar
レゴ - Google Scholar

自分に身近なテーマで研究している人を見つけて、
論文を読むと発見が多いと思いますよ。

結論としては、いまさらながらGoogle Scholar++。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック() |