検索エンジンのリンク解釈に関する2つの理解されにくい問題

[seo]

検索エンジンのリンク解釈について2つの解説がありました。

検索エンジンのリンク解釈に関する2つの理解されにくい問題

ページとドメイン名へのリンク

質の高い信用のある情報源から得たリンクは、おなじドメイン名の多くの
ページの順位を引き上げる。これは、検索エンジンがリンクを単一ページ
への支持票として数えるだけでなく、ドメイン名全体への支持票としても
数えるからなんだ。
そのため、僕がよく「Wikipedia要因」と呼ぶ効果が働く。この呼び名は、
Wikipediaのページで、外部からの被リンクがなく、Wikipedia内のページ
から1つか2つリンクがあるだけなのにもかかわらず、よく使われる検索キー
ワードで上位5番目までに入ることから付けたものだ。


一時的リンク分析

表示順位をめぐる競争が激しい分野の多くでは、上位ランクを得るのに必
要な数の被リンクを獲得するだけでは十分じゃない。長期にわたって自分
のドメイン名にリンクを誘い続ける必要もある。
被リンクのパターンに着目すれば、ずっと前からある退屈なサイトが、
毎月4~5件のペースで新しいリンクを獲得しているのに対し、
新興サイトが1日4~5件のペースで被リンクを獲得していることに気づくだろう。
総リンク数2000でも30日間に90リンクのペースで増えている新興サイトの
ランクは上がる。総リンク数8000でも30日間に5リンクのペースでしか増
えていない古いサイトのランクは変わらない。


上の記事の要点は以下の2点に絞られる。

サイトの検索順位をあげるTips


質の高い信用のある情報源からリンクを得よう

自分のサイトで、質の高い信用のある情報源からリンクを得るために、
何ができるのかを考えて実行しよう。どこかのページにリンクをもらえば、
サイト全体にそのリンクの効果は波及する。
フレッシュなリンクを稼ぐこと

フレッシュなリンクを稼ぐこと。サイトの人気は総獲得リンク数を増やす
より、いかに1ヶ月以内に張られたリンクを増やすかを考えるべき。

論文では結構前に見られた問題設定だと感じました。
着実に理論が実装されているので、すごいな、と思いました。
今後はページの有益さをクローラーにアピールする方法を
考える時代が来るってことですかね。

▼関連記事
- [O] AmazonのURLにUTF-8文字が入っている理由

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック() |